デトックス

2017.5.19

デトックスは食べ物の見直しから!今日からできる3つのポイント

現代では「1日20品目」や

「3食しっかり食べる」など

「入れることに」に重点を置いています。

しかし高血圧や高脂肪など、

「溜まりすぎ」の病気があふれています。

 

デトックスのポイントは不要なものを出すことです。

もしあなたが

・便秘

・生理痛

・肌荒れ

・お腹周りの脂肪

などに悩んでいるのであれば

もしかしたら余分なものが体内に溜まり

不調を引き起こしているのかもしれません。

 

この記事ではデトックスに必要な、

・食べること

・食べないこと

・遠赤外線を浴びること

の3つのポイントをご紹介しています。

特に女性には必見の内容となっていますので

実践していただければと思います。

 

1 デトックスとは

デトックスとは、日々の生活を通じて

体に蓄積される有害物質や老廃物を体の外へ出すことです。

毒素のほとんどは肝臓で分解され

尿、便、汗、髪の毛、爪などから排出されます。

便によって排出される割合が約7割と言われています。

 

栄養や水分の過剰からくる不調の対策は

「入れる前に出す」ことです。

 

電車では、社内の人が出てから

ホームの人が入ってきます。

引っ越しでも、家の中をきれいにしてから

新しい家具を入れますよね。

身体も、余計なものを出してから

栄養を摂るのが健康への近道です。

 

そのために発汗、排尿、排便などを促す

生活習慣を心がけることが大切です。

 

2 「出す力」の強いものを食べよう

食べ物によって体に作用する役割は様々です。

デトックスにつながりやすい、

利尿、発汗、浄化、整腸作用の強い

食べものをご紹介します。

整腸作用・・・便秘や下痢など極端な症状を正常に戻す作用

利尿作用・・・排尿量を多くする作用

発汗作用・・・汗をかく量を多くする作用

浄化作用・・・毒素を集めて排泄しやすくする作用

デトックスには排便、排尿、汗、

爪や髪の毛からの解毒などありますが、

デトックスの割合としては

排便7割、排尿2割と、この二つで約9割を占めます。

 

整腸作用の強い食べ物

ほうれん草 胃腸を清掃し、再生します。
キノコ類 食物繊維が多く、腸内の老廃物、発がん物質などを排除します。
キャベツ 胃腸の粘膜を強化します。抗がん作用にも優れています。
漬物 ビフィズス菌、乳酸菌などの善玉菌の増殖を助けて整腸作用を発揮します。


利尿作用の強い食べ物

ハーブ ローズマリー、カモミール、セージ、バラ
小豆 小豆に含まれるサポニンという成分に強力な利尿作用があります。
ウリ科の植物 きゅうり、スイカなどに含まれるイソクエルシトンが利尿作用を発揮します。そのままでは体を冷やしやすいので塩(ナトリウム)をふって食べましょう。


発汗作用の強い食べ物

七味唐辛子 唐辛子、山椒、陣皮、ごま、青のり、麻の実、芥子
ニラ、ニンニク、ネギ、玉ねぎ、らっきょう ユリ科アリウム属(ネギ科)の野菜に豊富に含まれる硫化アリルが発汗や排尿を促します。
シソ シソに含まれるペリルアルデヒドが血行を促進し、発汗を助けます。


浄化作用の強い食べ物

セリ科の植物 セロリ、セリ、パセリ、ニンジン等は血液の汚れを浄化します。
黒豆 泌尿器、子宮、卵巣などの働きを高めます。イソフラボンも豊富です。
ごま 造血作用、浄血作用があります。

3 プチ断食とオススメメニュー

現代人は食べ過ぎ、ということは最初に述べました。

人間は空腹の時間を作らないと

排せつ器官に血液が十分に行きわたりません。

食べ物を処理することばかりにエネルギーが

使われてしまうからです。

プチ断食をすることによって

「お通じが良くなった」「肌の調子がよくなった」

という方も多くいますので試してみる価値はあるでしょう。

3-1朝食を抜いてみよう

1日のうち1食を抜くプチ断食ですが

朝食を抜くのが一番生活への負担が少ないと思われます。

しっかり食事をするのではなくジュースなど

軽めのもので済ませましょう。

まずは2-3日をめやすに取り組みます。

可能であれば1か月ほど試してください。

リンゴ&ニンジンジュースがオススメ

3-2 実は朝食を抜くのは体に悪くない

「朝食をしっかり摂ろう」と言われて

育ってきた私たちには

「朝食を抜く」ということは健康に悪い気がしてしまいます。

しかし、人によっては朝食を抜いたほうが

調子が良くなる場合があります。

 

3-2-1 人の体のサイクル

人の体には時間によって大まかなサイクルがあります。

午前4時~正午・・・排泄

正午~午後8時・・・摂取

午後8時~午前4時・・・吸収

と言われています。

午前中に朝食を食べないことで

内臓が排泄に集中できるようになります。

朝食を食べてしまうと

摂取や吸収に内臓エネルギーを使うため

排泄が滞りやすくなります。

なので内臓を排泄に集中させるために

朝食を抜くことは理にかなっているのです。

 

3-2-2 朝食を抜いてはいけない人

育ち盛りの子供や

体力や力を使う仕事をしている人など

栄養をどんどん吸収したほうが良い人は

朝食をしっかり摂ったほうがいいでしょう。

朝食を抜いてエネルギー摂取量が減って

調子が悪くなる人もいるので、

徐々に試してみてください。

「朝食を抜かなくてはいけない!」

「朝食を抜いてはいけない!」

と、気負わないようにしましょう。

自分に合う選択をすれば良いのです。

 

3-3 おすすめ1週間食事メニュー

デトックスをしたいと思ったら

日々の食事を変えるだけで

すぐに取り組むことができます。

おすすめのメニューをご紹介しますので

ぜひ参考にしてください。

1日 リンゴ&ニンジンジュース タンメン 野菜カレー
2日 リンゴ&ニンジンジュース 幕の内弁当(コンビニ) イタリアンハンバーグセット(ファミレス)
3日 リンゴ&ニンジンジュース ドライカレー、ヨーグルトサラダ もつ煮込み、サーモンのマリネ、ポテトチーズ焼き(居酒屋)
4日 リンゴ&ニンジンジュース 山菜そば キムチ鍋
5日 リンゴ&ニンジンジュース 和風きのこパスタ 酢豚定食(ご飯、酢豚、わかめスープ)
6日 リンゴ&ニンジンジュース 大麦ご飯、味噌汁、鮭の塩焼き 刺身定食(ご飯、刺身、味噌汁、卯の花)
7日 リンゴ&ニンジンジュース ラザニア 広島風お好み焼き


ポイント

1日目 スパイスが効いた野菜カレーで
    腸を温めましょう。

2日目 コンビニなら品数の多い
    幕の内弁当を。ハンバーグセットは
    必ず野菜まで食べましょう。

3日目 もつ煮込みは根菜、こんにゃく、
    みその乳酸菌が効果的。

4日目 発酵食品のキムチで腸内の善玉菌を
    増やし、野菜で繊維を摂りましょう。

5日目 きのこ類はβグルカンが豊富で
    腸ストレスに効果的です。

6日目 刺身でマグネシウムを、
    卯の花のおからと野菜で食物繊維を
    摂取して腸内環境を整えます。

7日目 ラザニアはトマトや玉ねぎの
    食物繊維を摂ることができます。

3-4 どうしてもお腹がすいたらこれは食べてもOK

「朝プチ断食を頑張っているけど、

 お腹がすいてきた、、」

という場合は、

胃腸に負担がかからないものなら

食べてもデトックス効果はそれほど落ちません。

・おかゆ

・味噌汁

・野菜スープ

・ヨーグルト(できれば無糖)

・梅

 

反対に、できれば避けたいものは

・コーヒー

・ガム

・ごはん、パンなどの炭水化物

 

※コーヒーはカフェインが

胃腸を刺激するため、

ガムは甘味料や添加物等が

デトックス対象のため、

炭水化物も糖質がたくさん

含まれているためです。

 

4 遠赤外線によるデトックス効果

デトックスにおすすめの食べものを

見てきましたが消化、吸収、排せつを

さらに加速させるために

ぜひ活用していただきたいのが遠赤外線。

 

最近、身体への健康面で注目されている

遠赤外線ですが、デトックス効果も

期待できます。

血行が良くなり内臓の動きが

活発になるのです。

日常的に遠赤外線に当たる人もたくさんいます。

 

4-1 遠赤外線に当たるにはこの3つ

遠赤外線は太陽光の波長の一部ですが

主に次の3つの方法が一般的です。

①日向ぼっこ

人間は太陽に当たるのが健康の基本です。

太陽が出ている時間は

少しでも浴びることが大切です。

しかし、紫外線など体に有害な波長も

含まれているので

浴びすぎに注意しましょう。

南半球や日差しの強い国では

強すぎる紫外線が問題になっており

子供の外出制限、日焼け止めの義務化などが

進んでいます。

②岩盤浴

岩盤浴は熱せられたセラミックや

石からの遠赤外線を浴びることができます。

寝転がりながら浴びれるので

リラックス効果も高いです。

また、岩盤浴で温まってから

冷たい部屋に行くことで

肌の引き締め効果も期待できます。

ただ、大掛かりな設備とお金がかかるので

「いつでもどこでも」とはいきません。

③遠赤王「日だまり」

日だまり紹介

ドーム型の遠赤外線製品です。

1%でも遠赤外線が出ていれば

「遠赤外線○○(ヒーター、コタツ)」などと

表記できる中で、100%遠赤外線が

出るものとして医療機器認定されています。

ガンの温熱治療でも使われています。

家庭でもリビング、寝室、台所など

様々な場所で使われています。

 

まとめ

現代は飽食の時代とも言われています。

食べることばかりにエネルギーを

使いがちですので

排泄のための時間を作ってあげるように

することがデトックス成功への

ポイントです。

・デトックスに有効な食材の摂取

・プチ断食

・遠赤外線を浴びる

など、どれもお手軽に取り組めるものなので

ぜひ試してみてください。

SNSで最新情報をチェック