冷え性

2017.7.7

ツライ冷え性にはこのツボ!6つのツボ押しで冷え性を改善しよう!

日本人女性の多くが悩んでいる冷え性。

身体の冷えは万病の元と言われています。

でも

「冷え性はつらいけど何をしていいかわからない」

「忙しくて冷え性対策まで頭が回らない」

という方も多いですよね。

そんな忙しいあなたには「ツボ押し」がおすすめです。

一度覚えてしまえば家でもオフィスでも

いつでもどこでも押すことができます。

1 冷え性の人にこそ実践してほしいツボ押し

ツボを押すことで冷え性の軽減が期待できます。

冷えの原因とメカニズムを見てみましょう。

1-1 冷え性の原因は血行不良

体内で作られた熱で温められた血液が

きちんと身体の隅々まで巡らないと、

冷えを感じたり、その冷えによって様々な

不調が出てきたりします。

逆に血液が滞りなく体を流れれば

冷えは改善できます。

1-2 「気」「血」「水」のバランスにより体調が変わる

東洋医学では気、血、水を整え全身にエネルギーが

巡ることで体の健康を保たれると考えられています。

気、血、水めぐる筋道を経絡といいます。

そして経絡の主要な場所を経穴(ツボ)といいます。

ツボを押すことで気、血、水など滞ったエネルギーの

流れを良くし冷えを改善することができます。

2 冷え性に効くツボはこれ!

冷え性を改善させるには

血流を促進させることが大切です。

内臓が集中するお腹周りと

「第二の心臓」と言われるふくらはぎや

足のツボを刺激することで

血流が良くなります。

2-1 お腹のツボ

内臓冷え性や低体温の人は

お腹のツボを必ず押しましょう。

水道(すいどう)

場所:へそから指4本分下の

ところを基点に指3本分外側。

押し方:中指と薬指を水道にあて

押し上げるように押す。

 

水分(すいぶん)

場所:へそから指1本分上のところ。

押し方:中指と薬指を重ねて約5秒押す。

中極(ちゅうきょく)

場所:へそから指4本分下のところ。

押し方:中指と薬指を当て軽く押す。

 

2-2 足のツボ

下半身冷え性や足の先が良く冷える人は

必ず押しましょう。

湧泉(ゆうせん)

場所:足の裏側、土踏まずの中心で

足の指を曲げたときにもっとも

くぼむところ。

押し方:両手の親指を重ねてあて、5秒押す。

三陰交(さんいんこう)

場所:内くるぶしから指4本分ひざ寄りのところ。

すねの骨の内側の際。

押し方:両手の親指を重ね、

ひざに向けてひくように5秒押す。

陰陵泉(いんりょうせん)

場所:ひざの内側にできる出っ張った骨の下。

骨の際にあるくぼみ。

押し方:両親指を陰陵泉にあて

小さく円を描くように5秒押す。

 

3 ツボ押すときのポイント

ツボを押すときのポイントがいくつかありますので

チェックしておいてください。

3-1 ツボを押すときはソフトな力で

ツボは皮膚から5ミリ程度の

浅いところに位置しています。

そのため強い力をかけなくても

十分に効果を得られます。

3-2 押す長さは5秒

痛くならなければ何秒押しても基本的には大丈夫ですが

一般的に5秒程度押せば十分効果が出ると言われています。

3-3 なるべく毎日押そう

冷え性は体質を改善する必要があるので

なるべく毎日ツボ押しをしましょう。

また、当記事では押す時間を5秒としていますが

もっと押しても、一日に何回か押しても大丈夫です。

しかし、押した箇所があざになるのが心配な方は

1日1回程度にしましょう。

3-4 ツボ押し前後にコップ一杯ずつ白湯を飲む

ツボ押しを行うと、腎臓の動きが活発化し

体内の水分が不足しやすくなるので

補給しましょう。冷たいものではなく

ぬるめの飲み物が理想です。

3-5 お風呂上りの就寝前がおすすめ

ツボを押すタイミングは、入浴して就寝する前が

おすすめです。リラックス効果を高め、安眠を促してくれます。

しかし日中にツボを押しても問題はありません。

3-6 痛くなるほど押してはいけない

  • ツボ押しは「痛いほうが効く」と
  • 思っている方も多いかもしれません。
  • しかし、それは誤解です。
  • 人は1度「痛い」と感じる経験をすると
  • その痛みを記憶し、次に受ける痛みに対して
  • 体が防御するため効果が半減してしまいます。

4 こんなときはツボを押してはいけない

ツボを押さないほうがよい条件がありますので

気を付けましょう。

4-1 アルコール摂取後、食前、食後

血液やリンパの流れを促進させるので

アルコール摂取後や食後に行うと

気分が悪くなる可能性があります。

また、食前も空腹で気持ち悪くなることがあります。

4-2 妊娠中 整理中は弱めに

妊娠中や生理中はPMS(月経前症候群)の症状が

出ている人は腹部のツボ押しは弱めに行ってください。

体調が優れなかったり不安を感じる場合は

避けましょう。

4-3 力を弱めて押したほうが良い場合一覧

月経時 腹部への圧を弱めにするか避ける
PMS 腹部を避ける
子宮内膜症 月経時は腹部への圧を避ける
バセドウ病 首筋や鎖骨上部への圧は避ける
妊娠時 安定期まで腹部への圧を避ける
低血圧時 短めにしておく
美容整形手術後 手術した周辺部位への圧は避ける

4-4 ツボ押しをしてはいけない場合一覧

心臓や腎臓の病気でむくみがある場合
血栓症と診断された場合
がん治療を行っている場合
感染などにより急性炎症を起こしている場合
じんましんなど急性アレルギー炎症が原因でむくみがある場合

5 ツボ押し以外の冷え性対策

ツボ押しと併用して生活習慣も見直すことで

冷え性の改善が早まります。

運動

30分のウォーキングなどをして体で熱を作れば

冷え性対策になります。

ウォーキング、カースレイブ、スクワットなど

下半身を動かすと効率的に熱を作り出すことができます。

身体を温める飲食物

体を温める定番の飲み物であるショウガ紅茶、

血管を拡張させ、末端冷え性改善効果が高いココア

など、冷え性改善に良いとされている飲食物を

知っておけば、すぐに対策ができますね。

入浴

シャワーだけではリラックス効果はないので

ぬるめのお湯に20分以上浸かることをお勧めします。

着るもの

レッグウォーマーは

下半身の血液ポンプの役割をする

ふくらはぎを温めるための必須のアイテムとなります。

腹巻きは、内臓が集中しているお腹を温めるのに

適したアイテムです。

特に腹巻一体型パンツがおすすめです。

 

詳しい冷え性対策はこちらをご覧ください↓

6 まとめ

冷え性を改善するためのツボをご紹介しましたが

いかがでしたでしょうか。

たった6つなのですぐに覚えられると思います。

ツボ押しにプラスして

ウォーキング、ショウガ紅茶、湯船に浸かる、

など生活習慣の改善も並行して行いましょう。

 

SNSで最新情報をチェック