温活

2017.4.11

内臓を温めると健康に!すぐ実感、腸や肝臓を元気にする3つの方法

「なんかお腹の調子が悪い、、」

「生理痛が重い、、」

こんなことありますよね。

 

それらは全て内臓が冷えていることが

原因かもしれません。

自覚しにくい内臓冷え性も考えられます。

 

逆に言うと、内臓を温めることができれば

・お腹のゆるみが改善

・生理痛の緩和

・体温が上がる→免疫力が上がる

と、とても良いことづくしです。

 

この記事では内臓の冷えが私たちの身体に

どんな悪影響を及ぼすか、

また、内臓を温める具体的な方法まで

解説しています。

 

お腹、内臓の冷えが気になる、温めたい!

という方は必ず読んで、改善策を実行してください。

 

1 内臓を温めると改善できる3つのこと

内臓は特にお腹周りに集中しています。

なのでお腹を温めると内臓を温めることに

直結し、様々な体の不調を改善できます。

 

1-1 免疫力アップ

平熱が35度台の人は要注意です。

理想は36.5度以上です。

免疫細胞は体温が高いほど活発になります。

逆に体温が低いと、すぐに風邪をひいたり

疲れが取れなかったりします。

また、ガン細胞は体温が低いほど

活発化しますので大きな病気にも

つながってしまいます。

お腹を温めることで免疫力がアップし、

ガンへの抵抗力も増します。

 

1-2 生理痛の改善

スムーズに生理が起こるためには

血流が滞りなくたくさん流れることが必要です。

しかし血行が悪いと子宮に酸素や栄養素が

届かなくなります。

すると「プロスタグランジン」という物質が

脳へ「もっと血を送って!」とサインを出します。

これが生理痛の正体です。

なので、ちゃんと子宮を温めて

血流を良くしておけば痛みは軽くなる、

もしくはなくなる、というメカニズムです。

 

1-3 下痢の改善

身体は、冷えるのを防ごうという防御反応がもともと備わっています。

冷えの原因となる水分を排出しようとする結果が、下痢となって表れているのです。

下痢以外にも、冷えると尿意をもよおすこともありますよね。

水分を出して身体の冷えを食い止める働きをしているので

身体は正しいことをしているんですね。

 

この他にも内臓を温めることで

様々な不調の改善が期待できます。

 

2 内臓を改善させる!効果的なカイロの使い方

寒い時にカイロを使う人も多いと思いますが

効果的に身体を温める貼り方をご紹介します。

2-1 肝臓にカイロを貼ろう

肝臓は体中の血液量の30%~50%が

流れてきますので肝臓を温めれば、

温まった血液が全身に巡ることになります。

 

  • 新陳代謝がスムーズになる

肝臓では、食品に含まれるたんぱく質が

体で利用できる形へと合成されます。

肝臓の働きが高まれば新陳代謝が

スムーズに進み体内組織の痛んだ部位が

速やかに修復されます。

 

  • 解毒作用が高まる

肝臓には解毒作用という重要な働きもあります。

肝臓が正常に働けば、体内に入った薬剤や

アルコールなどの有害物質がスムーズに排出されます。

 

体の中心より右側に貼ります。

 

寝る1~2時間前に、30分ほど貼ることをオススメします。

 

湯たんぽに65~70度のお湯を入れて

厚手のタオルでくるんで肝臓に当てても良いでしょう。

低温ヤケドに気を付けましょう。

 

2-2 腸にカイロを貼ろう

免疫細胞の7割は腸で作られています。

そして身体全体の6割の免疫細胞が

腸に存在しています。

 

  • 腸を温めれば免疫力アップ

体内の免疫細胞を効率よく活性化することが

できるので腸を温めることは

元気な体への近道です。

風邪を引きにくくなったり、便秘、下痢が

解消したり、利点がたくさんあります。

 

腸を温めるためにこの部分に

カイロを貼りましょう。

おへそ周りからやや下あたりです。

日中に30分から1時間温めましょう。

2-3 仙骨にカイロを貼って生理痛改善!

仙骨にカイロを貼る通称「お尻カイロ」も

オススメの内臓温め方法です。

特に女性の生理痛にも効果が高いので

ぜひ試してください。

 

この部分にカイロを貼ります。

 

尾てい骨の少し上です。

日中に30分から1時間温めましょう。

子宮の位置は仙骨のすぐ前にあるため、

仙骨を温めると子宮も温まります。

お腹側から温めようとしても

脂肪が邪魔するためなかなか温まりません。

なので仙骨にカイロを貼ることが

子宮のコンディションを整える一番良い方法なのです。

 

2-4カイロを貼るときの注意点

下着の上からカイロを貼ると

熱く感じる場合があるので下着の上に腹巻きを着け、

その上からカイロを貼るのも良いでしょう。

熱い状態を長時間続けると低温やけどにも

なりますのでなるべく直に貼らないでください。

くれぐれも、貼ったまま寝たりしないようにしましょう。

 

3 腹巻とレッグウォーマーをしよう

防寒具は冬だけのイメージがありますが、

現代では夏でもオフィスやお店は

エアコンでガンガンに冷えていますし

むしろ夏のほうが冷えている人が多いくらいです。

なのでできれば一年中身に着けてほしいものです。

 

3-1 腹巻は内臓を温め、腰痛も防ぐ

腹巻はお腹を冷やさないために必須のアイテムです。

お腹と腰を同時に温めることができるので

筋肉の硬直も防ぎ、腰痛や背中のコリも防いでくれます。

特に腹巻一体型パンツをおすすめします。

腹巻き

おすすめの理由

・伸縮性に優れている

・シルク素材で肌触りが良い

・外出時はもちろん、圧迫されないので

 就寝時に履いても負担にならない

 

3-2レッグウォーマーでふくらはぎをカバー

ふくらはぎは「第二の心臓」と呼ばれていて、下半身の血流を流す

ポンプの役割を果たしています。

ふくらはぎを温めることによって全身にスムーズに血流が流れるので

当然内臓の冷えも解消しやすくなります。

レッグウォーマー

 

おすすめの理由

・フリーサイズなので男性の足でも締め付けがきつくない

・3足セット(毎日履くものなので数は多い方が嬉しい)

・安い

 

今は質の良い腹巻やレッグウォーマーが

安く手に入りますのでぜひ活用してください。

4 内臓を温める食べ物、飲み物

内臓を温めるためには、身体を温めてくれるものを

摂ることもとても大切なことです。

4-1特にオススメはショウガです。

ショウガは漢方薬の7割に使われているほど

身体を温めるには必須の食材と言えます。

・ショウガ紅茶

・ショウガココア

・ショウガチャーハン

がオススメです。

 

その他スープに混ぜたり、和え物にプラスしたりと

手軽に摂取できるのも嬉しいですね。

 

4-2 温まる食べ物、冷やす食べ物

挙げていけばキリがありませんが、よく日本人が食べる物を

まとめましたのでチェックしてみてください。

食べ物には身体を温めるものと冷やすものがあります。

 

温める食べもの

・冬が旬の野菜

・寒い地域でとれるもの

・地面の下にできる野菜

野菜: ショウガ、にんじん、ごぼう、たまねぎ、大根

果物:りんご、桃、ぶどう、さくらんぼ

魚介類:さけ、さんま、まぐろ、エビ

 

冷やす食べもの

・夏が旬の野菜

・南国でとれるもの

・地面の上にできる

野菜:レタス、キャベツ、ほうれんそう、キュウリ、トマト

果物:バナナ、パイナップル、マンゴー、メロン

魚介類:うなぎ、しじみ、あさり、ウニ

神経質になる必要はありませんが

なるべく身体を温めるものから食べましょう。

 

詳しくはこちらの記事にも記載してありますので

ご覧ください↓

免疫力アップ!食材11選の簡単レシピをご紹介!家族で健康・笑顔に

 

白湯がいいって聞くけど、どうして?お茶じゃダメ?

内臓を温めるのに、温かいものを飲むのはとても良いことです。

なので温かいものであれば基本的に悪いということはありません。

しかし、お茶にはカフェインやカテキンなど様々な成分が含まれます。

それらが温性か冷性かという問題もありますし、成分吸収のために

身体がエネルギーを使ってしまうという問題もあります。

なのでスムーズに老廃物を流したりデトックスするのには、

白湯のほうが適しているといえます。

また、お茶でも緑茶やジャスミン茶など

カフェインが多いものより

ほうじ茶などカフェインが少ないもののほうが

身体を温めやすいということになります。

白湯は水を沸騰させてから冷ましただけの簡単なものです。

これで身体を温めたりデトックスができるのですから

優れものですよね。

 

まとめ

内臓(お腹周り)を温めることは

健康に欠かせません。

平熱が低かったり、ちょっとお腹が

ゆるいぐらいでは危機感を持たない人が

ほとんどですよね。

しかし、様々な不調、大きな病気につながる

可能性がありますのでぜひ今日から

内臓の温めに取り組んでみてください。

難しいことも、お金がかかることも

ほとんどありません。

この記事が少しでも健康の

お役に立てることができれば幸いです。

病気や身体の不調に悩んでる方へ

  • がん
  • 腎臓系の病気
  • 肝臓系の病気
  • その他内臓系の病気
  • 肩こり
  • 腰痛
  • ひざ痛
  • 冷え性
  • 不眠症
  • 夜間頻尿

など、病気や身体の不調でお悩みの方、

なぜ、そのような病気や身体の不調が起こるかご存知ですか?

 

それは血液の流れが悪いからです。

血液の流れが悪いと、体のさまざまなところに不調が出るのです。

根本的に治すには血流をよくして血行を改善することが第一歩。

血流をよくするには遠赤外線で身体を温めることが効果的です。

『遠赤外線製品っていっぱいあるけど、どれを選べばいいの?』

そこでオススメの遠赤外線製品が医療機器認証を取得しているメーカーが発売している

遠赤王シリーズ』です。

さらにその中でもオススメの商品は、ドーム型遠赤外線機器『日だまり』です。

  • 遠赤王の日だまりはがん治療専門クリニックや整骨院などでも使用されています。
  • がん患者様が身体を温めるために使用されています。
  • コンパクトサイズなので気になるところを温めることができます。

この「日だまり」は累計販売数2,000台を突破しています。

SNSで最新情報をチェック