冷え性

2017.3.27

冷え性だと妊娠しにくい!妊活のための3つの対策

「赤ちゃんがほしいのに、なかなか妊娠できない、、」

今あなたはそんな悩みをお持ちかもしれません。

 

赤ちゃんが授かれない原因には様々なことが考えられますが

女性の場合は特に「冷え」の問題があります。

冷え性の女性は多いですが、それが子宮などに

悪影響を及ぼし、妊娠をしにくくしている可能性があります。

 

この記事では、どうして冷え性だと妊娠しにくいのか、

また、妊娠の確率を上げるにはどうしたらいいのかを

冷え性、低体温改善のスペシャリストである体温管理士

の立場からまとめました。

食生活、運動、防寒についてご紹介しています。

すぐに実践できる方法ばかりですので

ぜひ取り組んでみてください。

 

 

1 冷えが妊娠に及ぼす影響

「冷えは万病のもと」と言われますが

妊娠したい方にとっても冷えは大敵です。

 

1-1 冷えると血行が悪くなる

血行が悪くなると身体の様々なところに

栄養が行き届かなくなります。

それは、子宮についても同様です。

子宮に栄養がいかないということは

妊娠をする準備ができないということです。

 

1-2 冷えると女性ホルモンの分泌が悪くなる

女性ホルモン(卵胞ホルモンと黄体ホルモン)が

正常に分泌されないと月経不順、無月経を引きこ起こしたり

子宮内膜で受精卵を着床する準備ができなくなったりします。

 

1-3 子宮内膜は赤ちゃんにとってのベッド

血行が良い=ふかふかのベッド

血行が悪い=固いベッド

というイメージです。

赤ちゃんはきっとふかふかのベッドで寝たいですよね。

 

冷えると、栄養不足やホルモン分泌の問題により

子宮内膜に受精卵が着床しにくくなってきます。

 

 

2 妊娠を妨げる生活習慣チェック

下記のような生活習慣は身体を冷やし

妊娠を遠ざける危険があります。

いくつ当てはまるかチェックしましょう。

 

■食事の時間が不規則

■好き嫌いが多く、偏食している

■コーヒーを1日3杯以上飲む

■運動不足

■睡眠が7時間未満

■タバコを吸う

■ストレスをためている

■エアコンに当たることが多い

■身体を締め付ける服や下着を着ている

 

これらのうち「ひとつでも」当てはまったら要注意です。

 

2-1 健康が害されると、生殖機能は後回しに

上記のチェックに当てはまる人は

身体を冷やし、不調を起こしやすくなります。

不調を起こすと、身体は生きるために必要な機能を優先させます。

 

「今は妊娠している場合ではない!」と判断し

月経をとめたり、女性ホルモンの分泌をとめたりするのです。

 

血液も、心臓、脳、肺などを優先させます。

すると卵巣や子宮への血流が悪くなり

余計に妊娠しにくくなります。

 

3 お尻カイロが妊活の救世主!!

オススメの温め方法のひとつに「お尻カイロ」があります。

実際に「この方法を実行するようになってから

妊娠できた」!という声も多数あります。

 

この部分にカイロを貼ります。

尾てい骨の少し上です。

 

3-1なぜ仙骨を温めると良いのか?

子宮の位置は仙骨のすぐ前にあるため、仙骨を温めると

子宮も温まるからです。

お腹側から温めようとしても脂肪が邪魔するため

なかなか温まりません。

なので仙骨にカイロを貼ることが子宮のコンディションを

整える一番良い方法なのです。

 

3-2カイロを貼るときの注意点

下着の上からカイロを貼ると熱く感じる場合があるので

下着の上に腹巻きを着け、その上からカイロを貼るのも

良いでしょう。

熱い状態を長時間続けると低温やけどにもなりますので

なるべく直に貼らないよう注意しましょう。

 

 

4 冷えをとる食生活

妊娠しやすくなるには、

お腹まわりを中と外から温めることが重要です。

食べ物は、身体の中から温めることができます。

オススメの食べ物、飲み物をご紹介します。

 

4-1 ショウガは必須です

ショウガは、医療用漢方薬の70%に含まれています。

漢方では身体の「冷え」を取って体調を改善するという

考えを持っています。

その漢方薬の7割に使われているのですから

ショウガを摂取することは必須です。

 

ショウガには主に3つの効果があります。

①血の流れを良くする

・心臓を刺激し、血管を開いて血流を良くする

・粘膜の分泌を良くして血液の汚れを取る

・肝機能の強化、白血球の機能を促進して体内の毒素を分解する

・コレステロールの低下作用

・血栓の予防、改善

 

②気の流れを良くする   

・抑うつ気分を取る

・副腎髄質を刺激してアドレナリンを分泌させ

 気力を高める

 

③水の流れを良くする

・発汗を促して体液の流れを良くする

・尿の出を良くして水の滞りをとる

 

ショウガ紅茶、ショウガチャーハンなど

オススメのレシピや

体を温める食べ物、冷やす食べ物など

下記の記事でも詳しくご紹介しています。

今日からできる!体温管理士が薦める低体温を改善する3つの方法

 

5 その他身体を冷やさないコツ

冷え性だと、妊娠の準備が後回しになってしまうことは

前に述べました。

なので日常のほぼ全てを「温める」方向に持っていきましょう。

5-1入浴で温まる

妊活をしている人は「シャワーだけ」は厳禁です。

必ず湯船に浸かりましょう。

 

半身浴もオススメです。

38度~41度のお湯に15分~30分浸かるとかなり発汗してきます。

むくみすっきり、副交感神経優位でリラックス効果があるなど

良いことがたくさんあります。

もちろん血流が良くなり、子宮の調子も整います。

 

5-2 服装は、完全防寒!

特に寒い日はこれでもかというぐらい厚着をしましょう。

 

首・・・マフラーで防寒を。頸動脈が通る首は温めポイントです。

お腹・・・内臓が集中しているところなので腹巻は必須です。

腰・・・自律神経の通り道である背骨、老廃物処理の腎臓があるため

    温めて血行促進しましょう。「お尻カイロ」を実践しましょう。

手首・・・冷気が入ってきやすいので袖口がせまい服か、手袋を着用。

足首・・・下半身の血液ポンプであるふくらはぎをレッグウォーマーで温めましょう。

     冬はブーツなどで冷え対策を。

 

5-2-1 おすすめ防寒着

特に「これだけは着てほしい!」というものをご紹介します。

 

レッグウォーマー

おすすめの理由

・フリーサイズなので男性の足でも締め付けがきつくない

・3足セット(毎日履くものなので数は多い方が嬉しい)

・安い

 

 

腹巻き

おすすめの理由

・伸縮性に優れている

・シルク素材で肌触りが良い

・外出時はもちろん、圧迫されないので

 就寝時に履いても負担にならない

 

5-3 運動で身体を温める!

運動をすると筋肉がつき、発熱量がアップするので

冷え性が改善します。

女性の冷え性が多いのは、男性より筋肉量が少ないためです。

 

ムキムキになる必要はありませんが

適度な運動は冷えを改善するので、妊活中は必ず取り入れてください。

 

5-3-1 スクワット

全身の筋肉の70%は脚、腰、お尻にあります。

スクワットは、それらの筋肉を全体的にアップするのに

最適な運動になります。

 

  • 肩幅よりやや広めに足を広げます。
  • 息を吸いながらゆっくり腰を落とします。このときつま先より膝が前にでないように注意。
  • 息を吐きながら立ち上がります。

10回を1セット。1日3セットをやりましょう。

 

5-3-2カーフレイズ

雨などでウォーキングができない日でも

部屋でできるので便利です。

第二の心臓と言われるふくらはぎを刺激して

血行を良くします。

 

やり方

①肩幅よりやや広めに脚を開いて立ちます。

②その場でかかとを上げ下げします。

  • 10回を1セットとして、10セットやりましょう。

5-3-3  その場で足踏み

いつでもどこでもできますね。

足踏みをするだけでも下半身の血液循環を良くし

全身を温める作用があります。

 

やり方

①背筋はまっすぐ

②太ももと床が平行になるぐら足を上げる

③足踏み10回を1セットとして、10セットやりましょう。

 

5-3-4ダイナミックフラミンゴ療法

太ももをゆっくり上げて片足で立ちます。

壁やテーブルに手を置いてもOK

左右片足1分ずつ。これを1日3セット目安でやりましょう。

片足で1分立つこの運動は、ウォーキング50分に相当します。

 

 

6 再チェック!要注意の生活習慣

2章で挙げた避けたい生活習慣を

もう一度見てみましょう。

 

■食事の時間が不規則

■好き嫌いが多く、偏食している

■コーヒーを1日3杯以上飲む

■運動不足

■睡眠が7時間未満

■タバコを吸う

■ストレスをためている

■エアコンに当たることが多い

■身体を締め付ける服や下着を着ている

 

いかがでしょうか。

改善できそうですか?

 

もともと当てはまらない方はその調子で

温活を続けてください。

当てはまる方は心を入れ替えて改善してください。

 

特に妊活中ではない冷え性の方でしたら

「できることだけやればいいや」で済むのですが

赤ちゃんを授かるという大仕事が待っている方は

「できることはなんでもやる!」という気持ちで

取り組んでいただきたいと思います。

 

まとめ

身体を温めるという、誰でもできることをご紹介しましたが

読んだだけで終わりではいけません。

必ず全て実践してください。

その努力の先に「赤ちゃんを授かる」という達成があるのです。

 

仮に自然妊娠ではなく人工授精や体外受精、顕微授精で

妊娠を目指す場合でも

身体を温め、子宮のコンディションを良くしておかなければ

妊娠確率は下がります。

冷えを取り除くことは良いことしかありませんので

ぜひすぐに冷え性改善に取り掛かってください。

病気や身体の不調に悩んでる方へ

  • がん
  • 腎臓系の病気
  • 肝臓系の病気
  • その他内臓系の病気
  • 肩こり
  • 腰痛
  • ひざ痛
  • 冷え性
  • 不眠症
  • 夜間頻尿

など、病気や身体の不調でお悩みの方、

なぜ、そのような病気や身体の不調が起こるかご存知ですか?

 

それは血液の流れが悪いからです。

血液の流れが悪いと、体のさまざまなところに不調が出るのです。

根本的に治すには血流をよくして血行を改善することが第一歩。

血流をよくするには遠赤外線で身体を温めることが効果的です。

『遠赤外線製品っていっぱいあるけど、どれを選べばいいの?』

そこでオススメの遠赤外線製品が医療機器認証を取得しているメーカーが発売している

遠赤王シリーズ』です。

さらにその中でもオススメの商品は、ドーム型遠赤外線機器『日だまり』です。

  • 遠赤王の日だまりはがん治療専門クリニックや整骨院などでも使用されています。
  • がん患者様が身体を温めるために使用されています。
  • コンパクトサイズなので気になるところを温めることができます。

この「日だまり」は累計販売数2,000台を突破しています。

SNSで最新情報をチェック